本文へスキップ

新しい視点で事業協同組合を活動する Resource Utilization Business Cooperative

資源活用事業協同組合

資源活用事業協同組合のホームページへようこそ。

資源活用事業とは、地域の中小企業者が共通して共有することができ、当該地域に特徴的な地域資源(農林水産物資源、生産技術資源、観光資源、人的資源等)を活用して、中小企業者が商品の開発・生産、役務の提供、需要の開拓等の事業をサポートする事業を言います。

組合が行う外国人技能実習生共同受入れ事業は、「介護業」「建設業」「食品製造加工業」「宿泊業」など、優秀な外国人労働者の受入れは技術移転、国際貢献とし、その活用によって、傘下中小企業に経営安定につながるし、日本人の雇用を守る効果もある。

お知らせtopics

監理団体許可事業所


外国人の技能実習の適切な実施及び技能実習生の保護に関する許可を受けた監理団体である。
           許可番号 許1906000420



 市場開拓・販売促進事業

 海外の人脈資源を活用し、組合員のためにする海外の市場開拓、商品の輸出販売事業を行う。


Real AR と コンパクトガイドが融合するとスマホをかざすだけで便利をGet!--

自治体市章マーカー、金融機関、観光パンフ、企業ロゴ(企業名)をかざしたら行政、緊急対応、BCP防災、医療&健康各種お役立ち情報を受発信

新着情報news

2021年9月1日
日本の「美濃焼」中国市場初公式デビュー 中国国際貿易サービス交易会出展
2020年11月1日

情報資源活用事業
--
Real AR と 
 コンパクトガイド
が融合すると
スマホをかざすだけで便利をGet!
--

自治体市章マーカー、金融機関、観光パンフ、企業ロゴ(企業名)をかざしたら行政、緊急対応、BCP防災、医療&健康各種お役立ち情報を受発信

2020年10月5日
せせらぎ街道(高山市清見町)にレストラン主体型宿泊施設
Auberge Genju(オーベルジュ玄珠)開業
 2020年9月15日  飛騨高山に和のオーベルジュ「玄珠」誕生。アートプロジェクトも始動。最上のアートツーリズムを
2020年8月6日
外国人の技能実習の適切な実施及び技能実習生の保護に関する許可を受けた監理団体である。
許可番号 許1906000420
2020年1月23日
出入国管理及び難民認定法第19条の25第2項の規定による外国人特定活動登録支援機関に登録登録番号 20登-003644
2019年7月19日
サイトをオープンしました。

資源活用事業協同組合

〒461-0004
名古屋市東区葵3丁目15-31      住友生命千種ビル 3階東

TEL 052-325-6908
FAX:052-325-6907
Email:zxh@rubc.jp

newpage2.htmlへのリンク

newpage4.htmlへのリンク